So-net無料ブログ作成

ゼロ戦 [その他]

008.JPG
今まで見たことがありませんでした。世界で唯一今だに飛行可能な状態で現存する機体です。
海軍零式艦上戦闘機五二型。
1944年6月にサイパン島で米国海軍によって捕獲されました。
その後はアメリカで民間に払い下げられ現在にいたっています。

今回、8月31日まで所沢航空記念公園に展示されているので、この機会を逃したらアメリカの博物館まで行かないと見れません。
分解されてコンテナに積まれて来日したようです。
以前は予約制でエンジン始動、タキシングのデモもやったそうです。
当時のパイロットで健在な方も来られて敬礼されたそうです。
展示の機体の足元には献花されていました。
多くの日本人パイロットがコレに乗って片道の燃料を積んで特攻していったのでしょう。
美しい機体を前に複雑な心境です。

ほとんどはオリジナルの状態を保たれているそうですが、ブレーキ、スパークプラグ、プラグコード、キャブレターなどはアメリカ製に換装されています。
主翼部分の外販も張り替えたそうです。

実践配備後はゼロファイターとして恐れられたそうです。

1937年、機体設計者の堀越二郎と三菱航空技師は軍とパイロットの希望に答えるように作ったそうです。
軽快性、空気抵抗、操縦性などなど、、、
その反面、軽量化によって機体強度の面から急降下速度が欧米機よりも低く、防弾装備も無いのが弱点だったそうです。

会場にはグッズやらDVDやらいろいろ販売してました。
DVDのデモではこの機体がアメリカの上空を軽快に飛んでいる映像が見れました。


003.JPG004.JPG006.JPG007.JPG009.JPG

入場料はゼロ戦込みで1000円、アメリカから運んできた世界で一つを見れたんだから安いもんです。

追記ですがこの所沢航空記念公園は良いです。
長時間滞在したのに駐車場料金なんと200円。
近くにはドッグカフェがいくつかあります。
もちろん、キンキンに冷えたジョッキを昼間からいっちゃいます。
公園内のレストランにもテラス席があってワンコOK!
おまけにドッグランも無料。

あ、博物館には勿論、犬は入れません。念の為。
久しぶりにブログタイトルなネタだなぁ。
nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 3

toku

akiさん、お久しぶりです。

零戦見に行かれたんですね、世界で唯一飛べる機体ですからね、近いうちに見に行こうと思ってます、南紀白浜で展示している期待は見たことあるんだけどね、飛べないやつ。
 あと、千葉の航空科学博物館では、この零戦と米軍機(P-51だったかな?)のドッグファイト画像が見られるコーナーがあったよ。
 
 昼間から、キンキンのジョッキ、いいですね、私は運転しなきゃなので無理ですけど。
by toku (2013-07-03 20:46) 

aki

>tokuさん
お久しぶりです。お元気ですか?

見る価値アリですよ、コレ!

千葉の航空科学博物館!以前行った事があります。
ゼロ戦のドッグファイト画像は知りませんでした。
よく覚えてるのはレストランで食事してるとひっきりなしに成田に着陸する飛行機が見れた事です。

最近、休日のスケジュールが合うときは、夫婦と愛犬で出かけて、ランチビールをグイグイいって帰りは妻の運転です。

ま、一人の休日でも勝手にランチビールしちゃうんですけどね、、、
by aki (2013-07-04 21:27) 

Cialis from canada

沒有醫生的處方
cialis 5 effetti collaterali http://kawanboni.com/ Cialis coupon
by Cialis from canada (2018-04-14 07:28) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。